FC2ブログ

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖徳太子の鎧??

20170322

文科省は2021年度からの中学校の学習指導要領で『聖徳太子』をやめて『厩戸王』と表記するなどとした改訂案を、一転して元に戻す方針を固めた。一般からのパブリックコメントで「小中学校で表記が違うのは分かりづらい」などの意見が相次いだという。

「引用元:日テレニュース24」

先日こんなニュースが流れていたのですが、これまでも

■大化の改新の年号が645年→646年に変わったり、
■鎌倉幕府誕生の年号が1192年→1185年に変わったりと

いろいろ変化しているみたいです。そんな記事を読むたび、
"新しい発見により、歴史ってどんどん変化するんだなぁ"と思うとともに
"「今は違うんだよ、おっさん」といずれ若者たちから冷たい目で見られるんだろうなぁ…"
と妄想し、勝手に落ち込んだりしている店長です(涙)。

前置きは長くなりましたが、聖徳太子の話題が出ましたので…。

gangu.jpg

天保13年(1482)に刊行された"法隆寺宝物図鑑"に「御鎧 皇太子御幼稚ノ時御手遊」と記され、古くは聖徳太子の玩具鎧(今でいうフィギュア)として伝わるとされています。


経済的に不安定となった法隆寺が"皇室に献納という形で購入してもらった"という経緯があるそうで、現在は皇室から宮内庁に移管され、東京国立博物館の法隆寺館に所蔵されているようです。


聖徳太子の玩具と言われるも、鎧の様式は平安時代の「大鎧」ですし、胸部の革(弦走/つるばしり)に描かれている文様は"北斗七星への信仰"やら"平家ゆかり"やら"王朝文化ゆかり"やら様々な憶測が。なによりもこの大きさにして精密なひな形の鎧が一体何のために作られたのか、真実は未だ解明されていないミステリアスな逸品だったりします。


yu-5Y05-syo10.jpg

こちらは甲冑師 雄山による模写。その神秘性に負けず劣らず、甲冑師雄山の細やかな仕事ぶりも目を見張るものがあります。ネットショップでも取り扱っておりますが、ぜひ店頭でじっくりご覧いただきたい逸品です。


いずれ真実が解明される日がくれば、本製品の"伝聖徳太子玩具鎧"という木札もきっと変わることでしょう。とりあえず今回は"伝厩戸王玩具鎧"にはならないですよ、 念のため。



日本人形協会認定 節句人形アドバイザーの鯉徳店長直伝

→五月人形、選び方のポイントはココ!
→鯉のぼり、選び方のポイントはココ!
→人形の鯉徳 公式オンラインショップ

時間があればちょっと立ち寄って下さいね。
皆様のお人形選びの一助となれば幸いです。


スポンサーサイト
公式ホームページ
Facebookページ
Twitter
Instagram
LINE@
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
  • Archives »
  • 検索フォーム
    リンク
    にほんブログ村
    QRコード
    QRコード

    Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。