FC2ブログ

五月人形選び 戦国武将

20100316

今回ご紹介するのは『戦国武将』の甲冑を模写した節句飾りです。
店内
鯉徳2Fに展示中


大河ドラマやらゲームやら、『歴女』なんて言葉まで登場し、近年盛りあがりをみせる
戦国武将たちですが、そんなブーム以前からも節句品として数々の名品が存在します。

なかでも『伊達政宗(だてまさむね)』は10年以上も前から、
さまざまな甲冑師により製作されていて、今や全国的な定番品とまでなりました。


ただこの戦国武将の節句飾りなんですが、

・まったく誰も選ばない年
・ある特定の武将のみ飛びぬけて選ばれる年
・それぞれの武将が全体的に平均して選ばれる年

と、年度によりかなりのバラツキがあることが多く、
私自身も企画や仕入れに悩まさせられるコトが多いです。


『大鎧型(おおよろいがた)』の鎧や兜が端午の節句に飾る五月人形の定番で、
なおかつ普遍的でもあるので、ただそれだけを扱っててもいいのですが…

カッコいいんです、ホントに。
(たぶんこの感覚、男性にしか理解できないのではないかと…。)

完成度が高い作品を見てしまうと、つい製作を依頼してしまいます。



武将の『生きざま』が好きで、これらを選ばれる方も多いですが、
私は完全に、その『造形美や細部に至るまでの職人のこだわり』にやられてます。

好き嫌いがかなりハッキリしているので興味のない方にとっては、
『こんなの選ぶ人いるの?』
とまで言われます(笑)。

ただ好きな方にとっては
『あの武将の鎧があった!!』
と大満足で決定していただいてます。


節句人形は当然、パパやおじいちゃんのためのモノではないのですが、
パパが気に入って毎年飾ってくれる五月人形ならば、
きっと贈られた男の子も喜んでくれるのではないでしょうか?
うまくいけば小学生くらいから歴史に強くなったりもしたり??

次回はそんな戦国武将の甲冑を具体的に紹介します。それでは。

公式ホームページ
Facebookページ
Twitter
Instagram
LINE@
カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
  • Archives »
  • 検索フォーム
    リンク
    にほんブログ村
    QRコード
    QRコード

    Pagetop