FC2ブログ

平安道斎の手仕事

20110701

つづき


工房に現れたのは甲冑師の【平安道斎】さん。

四代目鈴甲子雄山の師匠であり、実の父親。
コチラは代々続く名門甲冑工房なのであります。

ありがたいことに今回、道斎氏の作業を見せて頂けるコトに!!
平安道斎01

道齋氏は言わずと知れた江戸甲冑制作の名士。その作風は荘厳かつ剛健


ただいま地方のとある人形屋さんからの依頼で、より本物に近づけた甲冑を
制作中とのコト。従来の江戸甲冑と一体何が違うのでしょう?


通常の江戸甲冑は、一枚づつ並べられた小札(こざね)とよばれる部分を
漆で塗り固め、最終的には一つの段(小札板)にします。

現在制作中の甲冑は、江戸甲冑のよさを最大限に引きたたせるために、
並べられた小札板の一枚一枚が、漆は塗られてはいるものの、
塗り固めてないのです。(国宝級の実物の大鎧は実際このつくり方らしい)

平安道斎02

だからこのように竹串を挟み、小札板の山の部分から威糸を
通していくのです。それを一つづつ手作業で行うわけですから
相当な手間がかかっているのはいわずもがな…。


残念ながらコチラの甲冑は他店の完全オリジナル。
かなりの手間隙を要するため、これまた完全一点モノ。
それゆえに価格も…それ相当と思います。


こんな甲冑制作を依頼するというコトはその人形屋さん、
知識・経験ともに一流なハズ。お客様からの信頼も相当と見たっ!!
(私、恥かしながらこの制作法を初めて知りました)

「コレに負けない甲冑をウチだって!!」
…と、そのお店を勝手にライバル視し、来期の商戦に向け
早くも鼻息が荒くなる私。(こうして自分を奮い立たせるのが私の得意技)


没頭しすぎて時間を忘れ、気づけば5時間近く工房に滞在。
毎度毎度邪魔しちゃって申し訳ないですぅ…。
ただ今回もいろいろ見聞きさせていただき、ホント勉強になりました!!


そんな工房からの帰り道、また新たなアイデアが沸き立ち始め…

こりゃまた近々工房に伺うコトになりそうです(苦笑)。
その際はどうぞ宜しくお願い致します(照)。
公式ホームページ
Facebookページ
Twitter
Instagram
LINE@
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
  • Archives »
  • 検索フォーム
    リンク
    にほんブログ村
    QRコード
    QRコード

    Pagetop