FC2ブログ

人形師 清水久遊 ~正絹無垢~

20111225

今回ご紹介するのは、当店でも『作家名名指し』で来られるお客さまの多い
ひな人形作家【清水久遊】のおひなさまです。

さまざまな衣装のおひなさまを発表しておりますが、当店では
『コレ他の作家は真似できない!!久遊らしいな~』という
種類を厳選して取り揃えております。


その中でも一際異彩を放ち、なおかつ業界関係者も度胆を抜かれたのが
今回ご紹介する清水久遊作の無垢シリーズです。

色数をおさえながらも、その存在感・注目度は業界屈指。
単に目を引くように作られているわけでなく、
伝統色×古典柄という【日本らしさ】もしっかり取り込んでいるところに
制作にかける作り手のこだわりが垣間見られます。

清水久遊 亜麻色01
【セットサイズ】間口75×奥行40×高さ35cm

屏風は白地に露芝文様(つゆしばもんよう)。
芝草に露が降りた状態を文様化したものです。

雪洞は岐阜製のコードレス燭台。花は紅白梅で、
その花びらは繭玉を使用したシンプルながらも
品のよい組み合わせです。

シンプルモダンを強調するため、人形の前に飾るお道具類は外してますが、
お好みでお選びいただくことも可能。(別売)

清水久遊 亜麻色02
色合いは亜麻色(あまいろ)とよばれる日本の伝統色。
このえも言われぬ色合いがPC画面上でうまく伝わるかどうか…。

清水久遊 亜麻色03
柄は雲立湧(くもたてわく)とよばれ、水蒸気(雲気/うんき)が立ち上る状態を
図案化した伝統文様。【雲気上昇】の音が【運気上昇】という掛け言葉につながり
縁起のいい文様とされています。

清水久遊 亜麻色04
後ろに長く尾をひく十二単(じゅうにひとえ)のスタイルは、久遊の得意とする着付方法。
ミリ単位の調整で、なだらかで優雅な姿に着付けられています。
正面からは見えない後姿をしっかり作りこむのは名匠の証。


また、お顔にも注目していただきたいのですが、
深く切れ込みを入れた目元の奥に見える瞳…手描きです。
※通常のおひなさまの瞳部分にはガラス玉が入っています。

清水久遊 亜麻色05
清水久遊 亜麻色06
清水久遊 亜麻色07
清水久遊 亜麻色08

手描きの面相は、熟練した職人の技の見せ所。
職人の緻密な手仕事が、工芸品としての価値・品格をさらに高めてくれますね。


通常の親王飾り(殿と姫一対だけの飾り)と比較すれば決して安いとは言えません…。
がしかし、このデザイン・素材・着付技術・お顔を見ていただけたなら、
普通のおひなさまとは比べ物にならない満足度を得られるコトは間違いなし。
美術工芸品の味わいを持ち合わせる逸品でございます。

『自分のおひなさまとして、大人になってからもずっと飾ってもらいたい…』
そんな贈る人の願いが叶えられ、大人目線でお選びいただける数少ない雛人形。

このおひなさまを見て、感性の琴線にふれた皆さま、
色々なお店でそう簡単に出会える品ではありませんので
ご来店もしくはご連絡お待ちしております。

人形の鯉徳 【TEL】0436-62-4151 【メール】info@koitoku.co.jp


次回は無垢シリーズをもう一種ご紹介いたします。それでは。


人形選び方のポイント!!参考にしていただけたら幸いです。
・かなり重要!!お店えらび
・衣装着ひな人形えらび その1
・衣装着ひな人形えらび その2

人形の鯉徳のコダワリ
・ひな人形の後ろ姿
・人形制作者の表記について
・セット内容の変更

公式ホームページ
Facebookページ
Twitter
Instagram
LINE@
カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
月別アーカイブ
  • Archives »
  • 検索フォーム
    リンク
    にほんブログ村
    QRコード
    QRコード

    Pagetop