FC2ブログ

結構重要!!お店選び

20100310

今回は、人形えらびの前にもっと重要な『お店えらび』について。

人形なんてどこの店もみんな一緒だろ?なんて方もいらっしゃいますが…
実は全然違います(笑)

『品質、サービスの向上を心がけ、よりお求め安い価格でご提供』
『どこの店にもないこだわりの人形を揃えました』
という人形屋本来の姿で頑張るお店が存在する一方、

『大量生産品や海外製品などを一流人形作家の製品と同等に扱い、
 法外な価格で販売する店』
『虚偽の価格表示でお得感を演出する店』
も残念ながら存在します。

どこの商圏にも必ずといっていいほど存在し、お客さまはもちろん
同業者に不快感を与える店にはいくつかの共通点があるのでお知らせします。

1.人形本体の説明をしない、または出来ない
こういう店、人形屋さんとはいえません。同時に訴えかける魅力のない商品しか
ないので説明が出来ない店です。いうまでもなく節句に飾る人形でもっとも
重要なのは『ひな人形』『鎧(よろい)や兜(かぶと)』と私たちは考えるのですが、
「これは飾り台の材質が○○です。」「屏風の絵がすごいです。」など、
説明するのが人形本体以外のモノばかりの店が存在します…要注意です。
【危険度】★★★☆☆


2.飾り台や屏風
上記と重複しますが、節句飾りはあくまでも
「中心となるひな人形、または鎧や兜が重要」です。
それを上手に引き立たせるのが屏風や飾り台ですが、
お人形本体の影が薄くなってしまうような「屏風の絵柄」や「ド派手な形状」で、
意図的に本体のアラを隠すようなセットをして、「このセット豪華でしょ?」
「スゴイ高級感でしょ?」と高額品をススメてくるお店があります。
商品価格の内訳は、おそらく本体より付属品の価格のほうがはるかに
上回っている
のは確実です。中心となるお人形本体で勝負しているお店は、
金屏風などの無地系の屏風や、さりげない絵柄の屏風が多いはずです。

個人的な趣味で、あえて屏風や飾り台中心で選ぶなら問題ありませんが、
一般的にはまず中心となるお人形本体を決め、ご予算に余裕があれば屏風や飾り台にも
こだわるといった流れのほうが失敗しない選び方ではないでしょうか?
【危険度】★★☆☆☆


3.一方的に商品を押し付けてくる
当然ですが、お子さまのために人形を選びご購入するのはお客さまです。
しかしお客さまの要望を無視し、「これが人気だから」とか「こんなお得なモノはない」
などと言葉巧みに一方的に押し付けてくるお店は言語道断。
その商品、おそらく過剰在庫品か、その店にとって利益率の高い製品では?
【危険度】★★★★☆


4.極端な値引き・二重価格
価格表示こそ一番デリケートな問題ですが、重要なのでお知らせします。
人形は価格のわかりにくい商品です。まったく他店と同じ製品ならまだしも、
そうでないことのほうが圧倒的に多いので、簡単に価格を比較するのは
容易ではありません。

悪質な店はしつこいくらいに『安さ』を強調します。「今だけこの50万円の品を半額」や
「他の店では50万円くらいだけどうちでは25万円だよ」などと言い出します。
ですがそもそも、その50万円という金額に根拠がありません。
同じような商品が、普通のお店で始めから20万円くらいということもよくある話です。

人形価格はそのお店が独自に設定するものなので、どんな値段をつけても構いません。
ただし、その独自で決めた金額から「数字のトリック」を使い、値ごろ感を演出するのは
悪質極まりないとしかいいようがありません。
同様に二重価格(一つの値段に線引きしてあって、もう一つ新たな金額を表記する方法)
での価格表記は現在、この業界ではほとんど『NG』であり、罰せられます。
そういう現状にも関わらず、いまだこの表記をして値ごろ感を演出している店が
実に多い!!『二重価格の店=怪しい店』の公式は100%成立します。
またこういう店に限って店員がぴったりくっついてきたりするんですよ(苦笑)。
【危険度】★★★★★★★★★★

見るからに怪しい店舗や店員であるならまだしも、広告なども普通に出し、
表面上は健全な店を装っていたりする場合もあるから、なおさら性質が悪いです(怒)。

高いモノも安いモノも理由があってその価格が存在します。
商品を比較して、気になったらまずは店員さんに聞いてみるのが大事。
扱う商品に自信があり、良心的なお店は納得できる説明をしてくれるはずです。

また社団法人・日本人形協会が試験・審査して認定する制度で、
「節句人形アドバイザー」なる資格があります。(私も取得しています)
所属する専門店は、二重価格表示をしないこと、不当な宣伝販売をしないことを守る
ということが前提とされています。アドバイザーのいるお店なら高い確率で
安心して購入できると私自身も信じたいのですが…絶対安心までは言えませんね(涙)。
せっかく取得した資格にもかかわらず、インチキ商売してるお店…あります(涙)。
(協会側にもキチンと対応してもらいたいんですがねぇ…)
最終的にはお客さまの判断に委ねられる部分が大きいです。


節句人形の購入はその子にとっては一度きり。決して安い買い物ではないし、
それをこれからずっと大切に飾っていただくのですから、まずは何件か回り、
店選びにこだわってみるのはどうでしょう?

コメント

非公開コメント
公式ホームページ
Facebookページ
Twitter
Instagram
LINE@
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
  • Archives »
  • 検索フォーム
    リンク
    にほんブログ村
    QRコード
    QRコード

    Pagetop