FC2ブログ

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中房総国際芸術祭いちはらアート×ミックス

20140317

おかげさまでこの時期、東京や神奈川からネットで見て
当店にお越しになるお客さまが増加傾向に m(__)m

以前は「この辺で楽しめるところってありますか?」と聞かれると
正直、「え~…どこだろう??」と真剣に悩んでしまいましたが
2年前に三井アウトレットパーク 木更津がオープンしてからは、
「帰りに立ち寄ってみては?」なんて会話も生まれだしました。
そして今年に限り、新たなおすすめスポットがコレです。

ichihara art✕mix

【中房総国際芸術祭いちはらアート×ミックス】

仕掛け人は「越後妻有アートトリエンナーレ」の総合ディレクター、北川フラム氏。

地元では地域活性の起爆剤と考える支持派と、無駄使いだとする反対派が
存在する以上に、「そんなの知らない…」の無関心派がおそらく多数(苦笑)。
メディア露出がまだ少ないし、市が広いから意外と知れ渡ってはいないみたい。


思い返せば約20年前、街を舞台にしたアートイベントで「水の波紋’95」という
展覧会がありました(ワタリウム美術館主催)。
青山~原宿を中心とした街の空間に作品を点在させ、あちこち歩き回りながら
鑑賞する形式は、当時は結構珍しかったし純粋に楽しかった思い出が。
公園、ショップのウインドウの中、交通標識にもアート✕アート✕アートの嵐。
そこには「こんな事ができちゃうTOKYOってスゴイ!」という衝撃もありました。
企業協賛に大塚製薬なんかが絡んでて、立ち寄りスポットでポカリスエットや
カロリーメイトを貰った記憶もあります。

あれから年月が経ち、いろんなアートイベントを見聞きしてきましたが、
まさか地元・市原で行われるとは、昔は想像すらできませんでした。
地元企業で交通機関の小湊鉄道&バスが全面協力し、その空間や景色まで
をも作品とするインスタレーションも行われるようですしねぇ。
なんだかんだで私は楽しみにしてる一人です。

市原ご当地みやげのパッケージデザインがオシャレになって期間中登場する
らしいのですが、その辺の動向も注目してます。

ちなみにこの前、地元の仲間たちとボランティア活動も体験しました。
まだまだボランティア募集しているので興味がある皆さまはぜひ!
詳しくはコチラ


今週末から遠方より当店にお越しの際には、ちょっと足をのばして体感してみては?
こういうアートって全然とっつきにくいモノじゃないですし、単純に楽しめるはず。
もちろん地元の方々でも普段感じない発見や、サプライズだってあると思います。
…あ、もちろんいい意味の方を期待してますよ。


でもその前に、当店の売り場に並ぶ職人の品々だって結構いいアートしてますから
コチラも当然ご期待下さい(笑)。


人形の鯉徳 【TEL】0436-62-4151 【メール】info@koitoku.co.jp

日本人形協会認定 節句人形アドバイザーの鯉徳店長直伝

→五月人形、選び方のポイントはココ!
→鯉のぼり、選び方のポイントはココ!
→鯉徳特別企画/房総のサムライ展【本多忠勝】
→鯉徳特別企画/房総のサムライ展【源 頼朝】

時間があればちょっと立ち寄って下さいね。
皆様のお人形選びの一助となれば幸いです。

コメント

非公開コメント
公式ホームページ
Facebookページ
Twitter
Instagram
LINE@
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
  • Archives »
  • 検索フォーム
    リンク
    にほんブログ村
    QRコード
    QRコード

    Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。