FC2ブログ

五月人形選び 子供大将飾り

20100330

今回はかわいらしさも兼ね備えた五月人形、『子供大将飾り』のご紹介です。

五月人形の鎧(よろい)や兜(かぶと)にテーマがあるとするならば、
『強さ』『勇ましさ』『かっこよさ』という感じではないでしょうか?

『成長を祈願するお守り』であり、『誕生した喜びの証』として
端午の節句に飾られる、男の子(というより男)のためのモノですから
そういったテーマになることは当然かもしれません。

女性だけでご来店していただくお客さまの場合、
『どれがいいんだろう?』と選ぶのが難しいのは、
まずこのテーマを理解するのが難しいからだともいわれています。最終的に
『なんでこんな怖いモノうちに飾んなきゃいけないの?』
『カタチがあればなんでもいいわ』
『いらないから現金でちょうだい…』となってしまい
男児誕生を家族(もちろん両家のおじいちゃん、おばあちゃんも含む)で祝う
『端午の節句』の意義さえ放棄してしまう方も、ときどきいらっしゃいます。
…ただその光景、人形屋さんたちは本当に悲しくなるんです(涙)。


そんな背景もあるからか(?)、『やさしさ』や『かわいらしさ』という
女性にも受け入れやすいテーマも兼ね備えた人形が『子供大将飾り』なのです。

基本は、鎧着に身をつつみ、お顔がついた子供武者の姿。
こちらは人形師『松崎幸一光の子供大将(伊達政宗タイプ)です。
幸一光01
人形単品の高さ/33cm


注目はやはり『お顔の表情』でしょう。
幸一光02
下唇をかんで真一文字にむすんだ口元…絶妙です。

鎧や兜の作りも丁寧さが感じられるので、男性の目からみても、
『これならいいんじゃない?』と納得していただけると思います。

そんな子供大将も、人形作家によりかなりの違いがあるんです。

次回は甲冑師『鈴甲子雄山も携わる、人形工房『壱三
子供大将を紹介する予定です。それでは。


コメント

No title

ほんとにかわいいですね
こんな時代ですから、兜や鎧より癒されますね。

ハイ、ほんとカワイイですよ(笑)

コメントありがとうございます。

その時代につくられたお人形のお顔は、
その時代を反映する…ともいわれているんですよ(驚)。
非公開コメント
公式ホームページ
Facebookページ
Twitter
Instagram
LINE@
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
  • Archives »
  • 検索フォーム
    リンク
    にほんブログ村
    QRコード
    QRコード

    Pagetop