FC2ブログ

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【鯉徳限定】源頼朝の五月人形(鎧/白)

20150313

今回も紹介するは、毎年ご好評を頂いている鯉徳恒例の特別企画、
「節句を通じて郷土の歴史を伝えよう!房総のサムライ展」主役のひとり
源頼朝公の五月人形です。

前出の赤い鎧のほうは絵画をモデルにしましたが、
今回は現存する国宝の甲冑がモデルです。

五月人形 頼朝鎧 白 (1)
【国宝 白糸威鎧 (島根県日御碕神社蔵)】

島根半島西端の出雲市大社町日御碕に鎮座する日御碕神社(ひのみさきじんじゃ)
同社が所有する鎌倉時代の白糸威鎧は、源頼朝が神馬一頭とともに奉納したと
伝わっています。

何色にも染まらない白糸は神の色と讃えられ、主に大将クラスの武将に好まれました。

江戸時代に松江藩主、松平治郷により修理され、昭和28年に国宝に指定。
現在は東京国立博物館に保管されています。

五月人形 頼朝鎧 白 (11)
兜正面。花輪違文を鍬形台に配置。

五月人形 頼朝鎧 白 (5)
胴正面の弦走(つるばしり)部分。不動明王が利剣と羂索(けんさく)を持ち、
火炎の中に立つ姿が表されています。ちなみに白い部分は補修の跡。


ここから人形の紹介。制作はもちろん甲冑師 鈴甲子雄山。

兜正面の鍬形台は実物同様に花輪違文。ここは前年と変わらず。
五月人形 頼朝鎧 白 (14)

前出の頼朝鎧(赤)同様、こちらのタイプも若干のマイナーチェンジを決行。
五月人形 頼朝鎧 白 (3)
弦走(つるばしり)と呼ばれる染革を胴体に使用。
絵革の図案は実物同様、火炎の中に立つ不動明王の姿を。

五月人形 頼朝鎧 白 (15)
実物と大きく異なるのは、甲冑の中核を担う小札(こざね)部分。
実物の色は漆を使った「黒小札」ですが、こちらの五月人形はお祝いの華やかさを
演出するため、あえて「金小札」にしてみました。金具の厚みにも注目です。

箔押
その金小札は一般的な金メッキ塗装ではなく、職人さんの手仕事による
純金箔押の豪華な仕上がりです!その輝きはいわずもがな。

五月人形 頼朝鎧 白 (12)
鈴甲子雄山作 鎧飾 純金箔押白糸威の大鎧 源頼朝(白) ※鯉徳オリジナル
【サイズ】間口90×奥行55×高さ90㎝


兜もよろしくお願いしますね。※こちらには大きな変更はありません。

→【鯉徳別注】源頼朝の五月人形(兜) その壱
→【江戸甲冑】源頼朝の五月人形(兜) その弐


人形の鯉徳 【TEL】0436-62-4151 【メール】info@koitoku.co.jp

日本人形協会認定 節句人形アドバイザーの鯉徳店長直伝

→五月人形、選び方のポイントはココ!
→鯉のぼり、選び方のポイントはココ!
→鯉徳特別企画/房総のサムライ展【本多忠勝】
→鯉徳特別企画/房総のサムライ展【源 頼朝】

時間があればちょっと立ち寄って下さいね。
皆様のお人形選びの一助となれば幸いです。

コメント

非公開コメント
公式ホームページ
Facebookページ
Twitter
Instagram
LINE@
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
  • Archives »
  • 検索フォーム
    リンク
    にほんブログ村
    QRコード
    QRコード

    Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。