FC2ブログ

スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五月人形(鎧・兜)を飾る時期(期間)。

20150314

連日のご来店誠にありがとうございます。
本日は五月人形を飾る期間について。


先週末より本格的に動きだした五月人形商戦ですが、
お客さまからよく、

「いつ頃から飾り始めればいいの?」

といった質問をお受けします。弊社としては、

「飾り始める方が多いのは、お彼岸明け頃ですね。」

とお答えしております。
生まれてきた男児の健やかな成長を願う五月人形。
少なくとも1ヶ月は飾って頂きたいという想いもあります。

初節句の場合は、1日も早く飾ってあげたい!
と願う親御さんもいらっしゃいますので、

「お祝事なので、早めに飾っても構いませんよ。」

ともお伝えしております。とくにゲン担ぎをする場合には、
【大安】【友引】の日に合わせて飾るのもオススメしています。

しかし大安や友引とはいえ、お彼岸中(2015年は3月18日~24日)は、
余程の事情を除いては、避けられたほうが賢明です。


そして飾る期間ですが、前文の繰り返しになりますが、

少なくとも1ヶ月は飾ってあげて下さい!

バタバタ出して、バタバタ片付けてしまうと、残念ながら
子どもたちの記憶には残りません。
しかも慌てて飾りだすと「面倒くさい…」という感情も生まれ、
それが子どもに伝播し、やがて記憶の中には
「祝ってもらって楽しかった」ではなく、
「親が大変そうでつまらなかった」と真逆の残念な刷り込みが
出来上がります(苦笑)。

そうならないためにも、余裕を持って飾ってあげて下さいね。


また、お客さまの中には

「玄関にずっと飾っておきましょうね」

…という方もいらっしゃいますが、コレはコレでちょっと…(汗)

外国人や男気溢れる社長さんが趣味で鎧や兜を飾るのと、
端午の節句で子供のために鎧や兜を飾るのは別モノです。

節句は、子供の成長の節目節目を、定められた時期に
お祝いする事が大事ですので、その時期がきたら飾り、
終わったら片付けるのが一般的です。

暦にあわせ、季節の彩りと共に行事を楽しむのは、
四季のある日本だからこそ生まれた文化のカタチ。

ややスケールが壮大になってしまいましたが、初節句を通して
そんな日本の心を感じてもらうのも楽しみの一つかもしれません。


…と、いろいろ書いてきましたが、何が一番伝えたいのかといえば、
これから予想される混雑をさけ、飾る日にちも確保。もちろん種類豊富。

「今の時期が一番、五月人形を選ぶのには最適ですっ!」

って事(笑)。明日も皆さまのご来店、心よりお待ちしております。

※本日、江戸の名匠 加藤一冑さんの兜が店頭に並びました!
加藤一冑 沢瀉




人形の鯉徳 【TEL】0436-62-4151 【メール】info@koitoku.co.jp

日本人形協会認定 節句人形アドバイザーの鯉徳店長直伝

→五月人形、選び方のポイントはココ!
→鯉のぼり、選び方のポイントはココ!
→鯉徳特別企画/房総のサムライ展【本多忠勝】
→鯉徳特別企画/房総のサムライ展【源 頼朝】

時間があればちょっと立ち寄って下さいね。
皆様のお人形選びの一助となれば幸いです。

コメント

非公開コメント
公式ホームページ
Facebookページ
Twitter
Instagram
LINE@
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
  • Archives »
  • 検索フォーム
    リンク
    にほんブログ村
    QRコード
    QRコード

    Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。