FC2ブログ

春日部押絵羽子板工房 『匠一好』

20101204

現在、羽子板生産が最も盛んな地域といえば埼玉県。

なかでも有名なのは、春日部市で制作される【春日部押絵羽子板】で、
埼玉県知事指定の【伝統的手工芸品】にも指定されています。

その歴史は意外と浅く、戦中戦後の頃から盛んになったとのコト。

当時、もっとも羽子板生産の多かった浅草一帯が戦災で瓦礫と化し、
江戸の羽子板職人達が、良質な桐材が手に入る春日部に移住したのが始まり…
とされています。※春日部市には羽子板だけでなく、見事な桐箪笥などの桐製品も作られています。

実際、当店で取り扱う羽子板のおよそ8割がメイド・イン・春日部。

お店にもよりますが関東圏の人形屋さんでは、取り扱う羽子板全て春日部産…
というところも少なくありません。



そんな春日部の羽子板界で私たちが今、一番注目しているのが
今回ご紹介する工房【匠一好】さんです。
展示場
匠一好 展示場にて

押絵羽子板に使用されるパーツ数が、他の工房のパーツ数に比べはるかに多く、
より立体的で、表現力豊かな造形美を形成しています。

手描きの面相はこんな感じ。
匠一好_面相
面相師であり、日本画家でもある鈴木創博氏によるモノ。

また私が思うに、羽子板という伝統的で限られた造形の中に、
『これまで用いられなかった新しい素材や技術を落とし込むセンス』は
現在、右に出るモノがいないのではないでしょうか?

今や羽子板の定番衣装ともなった【鹿の子絞り】。
匠一好_鹿の子絞り
この生地を一番最初に羽子板に使用したのもコチラの工房から。

そのカラーバリエーションも多彩。
匠一好_ぼかし鹿の子
ぼかし染めの鹿の子。

艶めいた上品さが魅力の【刺繍×ベルベット】仕様。
匠一好_ベルベット

贅を尽くした【ベルベット×スワロフスキー】仕様。
匠一好_スワロフスキー


工房の作業場、展示場にはすさまじい数の羽子板が並んでいるいるわけですが、
わがままな私たちはその中から選ぶコトはなく、色やら素材やら
全て【鯉徳オリジナル】で制作していてだいております。

手間のかかる注文に毎度毎度快く付き合っていただき本当に感謝してます!!
おかげさまで今年も一番人気ですよ(笑)。



いかがでしたか?

店頭では今回のブログに掲載しているモノはもちろん、
まだまだたくさんの種類を展示させていただいております。

生まれた女の子にふさわしい、素敵な羽子板に出会えるコトを
期待して、社員一同心よりご来店をお待ちしております。

次回は羽子板の本家、ルーツともいわれる逸品、
【江戸押絵羽子板】を紹介します。

それでは。


→鯉徳特選・新作 羽子板飾りはコチラから。



コメント

非公開コメント
公式ホームページ
Facebookページ
Twitter
Instagram
LINE@
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
  • Archives »
  • 検索フォーム
    リンク
    にほんブログ村
    QRコード
    QRコード

    Pagetop