FC2ブログ

入谷朝顔まつり2014

20140709

先日、お世話になっているカメラマン兼デザイナーさんの事務所を訪問。
それにしても、なんだか道が混んでいて…。
朝顔市2014 (9)

ちょうど入谷朝顔まつりの真っ只中だったんですね。そんなわけでちょっと寄り道。
朝顔市2014 (17)

入谷鬼子母神(真源寺)中心に100件ちかくの朝顔業者さんがズラリ。
朝顔市2014 (6)

朝顔市2014 (23)

朝顔市2014 (24)

立ち並ぶ軒先からの呼び込み、裸電球に照らしだされる無数の朝顔、
狭い路地を行き交う人ゴミの熱気などなどその全てに風情が醸しだされています。
クロネコヤマトの配送員の数もハンパなかった、完全独占ですね(笑)

これだけの同業者が並ぶわけですから当然差別化も必須。

・多種多様な品種を扱う店舗(品種があんなにあるとは…)
・エコを意識した植木鉢など、朝顔以外にもこだわる店舗
・おしゃれマルシェ風(勝手に命名)に展示している店舗
・売り子さんが全て若い女性の店舗(取材多めだったw)  などなど、

商売の勉強にもなりましたね。あれだけお店があるのに安易に価格競争させない
ところこそ、運営サイドである実行委員会の功績が大きいのでしょう、たぶん。

朝顔市2014 (10)
入谷鬼子母神到着。

朝顔市2014 (12)
あ、横山人形さんの名前発見。

朝顔市2014 (3)
境内では、この朝顔市の日のみ授与される【朝顔守り】が人気。紫(大)をゲット。

朝顔市2014 (4)
購入すると火打石をカチッカチッと叩いて厄を祓い、
念仏を唱えながらお守りを手渡してくれます。

お気に入りの1枚。
朝顔市2014 (13)
行事が季節の風物詩として地域に根付き、実際生活の一部に溶け込んでいるのが
よくわかり、なんとも羨ましく感じられました。
※その後New Erのキャップを被った若いパパが、2~3歳くらいの子を
この自転車に乗せて走り去っていきました。後ろ姿カッコ良かったな~。


わずかな滞在時間にも関わらず、下町風情をしっかり堪能した店長でしたとさ。


お盆の供養に盆提灯を販売中。
新盆の方用、盆棚飾り(リース)も好評受付中です。

→お迎え用 家紋入り提灯の準備はお済みですか?
→盆飾り用 蓮華(れんげ)いろいろ
→盆飾り用 提灯(ちょうちん)いろいろ

人形の鯉徳 【TEL】0436-62-4151 【メール】info@koitoku.co.jp

平成27年度 人形見本市

20140528

久々にブログ更新。商戦が終わりのんびり長期休憩中…なはずもなく、
次に始まる盆提灯の準備やら地域活動をしながら日々奮闘中。

そしてfacebookでもちょこちょこアップもしていますが、先週から本格的に
日本各地の工房さんで節句人形見本市が始まりだしました。


例年同様、東海地区中心に活動。まずは愛知県蒲郡へGO。
ひいな展示会
女流雛人形作家 清水久遊さん率いる雛人形工房「ひいな」さん。
今年も弊社オリジナルのひな人形を注文。出来上がり期待してますよ!

この時期珍しく、嘘のようにくっきり見えた富士山を眺めつつ静岡へ。
駿河雛具展示会 (1)

ここはひな人形の胴体を制作している伝統工芸士 望月龍翠さんの工房。
製品注文以外のお願いもしながら(内容は来期まで秘密)いろいろチェック。
駿河雛具展示会 (3)

また静岡といえば伝統的工芸品【駿河雛具】の生産地。

「これ売れてるんだよ」「これ流行ってるよ」…そんな一過性な言葉ではなく、
「大量生産の輸入品との違いを明確に打出し、尚且つ消費者に受け入れて
貰えるコトこそが駿河雛具や日本の文化継承につながっていくと思うんだよ」
…と、新作を前に熱い想いを語る、笑顔の職人さんたちと仕事ができている
今の環境に感謝。

ひな人形の脇飾「紅白梅」にウグイスが(笑)。こういう遊び心好き。
駿河雛具展示会 (2)

古布を絵柄に再利用した一点モノの屏風なんかも味わい深いですね。
無地系のおとなしい屏風が多い弊社ですが、たまにはこういうモノにも
挑戦してみます。この前に置くのはお雛さま?それとも鎧兜?
駿河雛具展示会 (5)

数十種とある絵柄の中からもっとも弊社のコンセプトに近いモノを掘り出し、
鯉徳オリジナル屏風の制作を依頼していた敏腕女性バイヤーの姿を激写。
駿河雛具展示会 (6)

まだまだ見本市は始まったばかり。ヒト・モノ・考え方…などなど、
今期はどんな素晴らしい出会いが待ち受けているのでしょう??

来週は関東中心にいろいろ探しに行ってきます。

ひな祭り。

20140303

初節句の皆さま、おめでとうございます。

また当店にてひな人形をご購入いただきましたたくさんのお客さま、
改めまして本当にありがとうございました。

本日は雛祭り当日。

皆さん、今日はどんな楽しみ方をされるのでしょうか?先日の日曜日にお祝いの席を設けた方々も、今日はゆっくりご家庭の雛祭りを予定している事と思われます。

これから毎年続けるひなまつりという家族行事が、
たくさんの思い出をご家族に残してくれる事でしょう。

そしてあちこち探し歩き、一生懸命皆さまがお選びいただいたおひなさまは、
お子さまやご家族のこれからをそっと見守り続けてくれることでしょう。


そしてこれからは男の子の出番。
店内は「端午の節句」に合わせた装いに!

明日、市内近郊には折込チラシが入ります!!

引き続き皆様のご来店、心よりお待ちしております。

今年印象に残った展示会。

20130627

五月人形でお世話になってる鈴甲子雄山さんの自社展示会場。
企画・演出・品質と三拍子揃った抜群のクオリティ。
H26鈴甲子 (2)
H26鈴甲子 (4)
H26鈴甲子 (1)

今回当店もお世話になっている雛人形作家 清水久遊さんとのコラボ製品あり。
久遊さんならではの色彩美と雄山の技が融合した逸品。
H26鈴甲子 (3)

業界の人間からすると、もっとこういった動きが多くなってほしいな~!

異なる職人さんの得意分野を生かしたモノづくりは節句人形の枠を越え、
手工芸品(美術工芸品)のひとつとして、自然と注目が集まる気がします。
美術的感性の琴線に触れた人が現れたなら、話題にしない訳がないと思うし。


次は柿沼東光さんの作品!コチラは来季、当店でもお取り扱いします!
マイケルジャクソン&マリリンモンローがプリントされた雛人形(立雛)。
H26柿沼 (2)
H26柿沼 (1)

デュシャンに始まりウォーホールで開花。ポップアートの洗礼を浴びまくった
小生ならずともグッとくる人いること間違いなし。
「なんで雛人形に外国人?」
なんて野暮なコトを言っちゃう方には絶対わからない価値観。
「考えるな!感じろ!」とリー先生も言ってたコトだし(笑)。

新興勢力でなく、業界の重鎮が手掛けたからこそ価値があり、
しかも伝統的工芸品ときてるのですから私が食いつかないわけがない(笑)。


空間演出とモダンな装飾品の製造ならやっぱりコチラ。大阪の芳精堂さん。
H26芳精堂 (1)
H26芳精堂 (2)

魅力ある展示空間。勉強になります。またここにくるとセンスのいい方々と
お会いできるので、勝手に楽しみのひとつとさせてもらってます(笑)。


これから人形屋さんは来期の商品構成や販売価格なんかを再度検討し、
どの製品とどの製品を組み合わせお客様にご提供していくか…?
などをみんなで話し合いながら発注作業に移っていくわけです。

ちなみに当店はシーズン中からお客様との会話の中から来期のヒントを
もらったりもしているので、この辺の作業は実は早め。

早期注文は制作側からすれば安心感もあるし作業効率も上がるんだとか。

昔はいつでも頼めばすぐ来ると思ってました…すぐ来たとしてもただ職人さんに
負担かけていただけだったんですよね、いや~なんともお恥ずかしい…。

お世話になっている職人さんとのお付き合いは大事ですから
この辺のルールもしっかり守っていきますね。

もしこれ読んで初めて知った業界の若手さんがいらっしゃれば
出来る限り早期注文していきましょう!展示会終わって自分はのんびり。
しばら~くしてから注文し、納期が遅れたら工房さんに言いたい放題。
そんな独りよがりのセコい人形屋さんには成り下がらないよう、
業界全体を考えて支えあっていきましょう(昔の話は棚に上げておきます)!


偉そうなコトをツラツラ書き連ねましたが、その前に「お前こそ頑張れよッ!」
って総ツッコミがくるのも覚悟してます、特に社内から(汗)。

今年の展示会を終えて。

20130626

ちょこちょこFacebookにもあげてましたが、約1ヵ月に渡る
来期に向けての展示会ラッシュが終了しました。

コストパフォーマンスも含め渾身の力作を発表したとこアリ、
定番品の質をあげたトコあり、いつもながらでも情報色々仕込んでるトコアリ…
どこ行って無駄なところはどこもなかったです。
まあ無駄と思えば自然と足は遠退いてるし…。

モノとの出会いもさることながら、またまた業界のいろんな方ともご対面。
昨年出会ってより親睦を深めた人アリ、ブログなんかで知っていてFB仲間に
なった人アリ、新規に伺いこれから取引始める人アリ…。

日本全国、業界のいろんな方々と会えるのも展示会の魅力のひとつ。
これかからもよろしくお願いしますね~!!

さか田
埼玉県春日部の羽子板工房さん。

墨田区 屏風
東京都墨田区の屏風工房さん。

岡半
埼玉の桜橘工房さん。

写真撮ってないけど他にもいろいろ…次回に続く。



公式ホームページ
Facebookページ
Twitter
Instagram
LINE@
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
  • Archives »
  • 検索フォーム
    リンク
    にほんブログ村
    QRコード
    QRコード

    Pagetop